ARTICLE

【はなお×佐久間洋司】阪大の異色のふたりが語ります!大人気YouTuberと若きAI研究者対談 #1

oulife1
ゆきりん

Edited by  ゆきりん

@ykringum
外語 / 4回生ループ

登録者100万人超のYouTuberである阪大卒の「はなお」さんと、人工知能研究会 / AIRの代表を務める現役阪大生の佐久間洋司さんとの対談を行いました。その様子を3回に分けてお届けします。

1回目となる今回は、はなおさんがYouTuberになるまでの経緯と、佐久間さんが代表を務める人工知能研究会 / AIRの成り立ちについてお届けします。

登録者100万人を超え、さまざまな層から人気を博するYouTuber。同世代では抜きん出た存在である、若きAI研究者。分野は違えども同じ基礎工学部、そして阪大では「異色」ともいえる二人が捉えている時代の変化とはどのようなものなのでしょうか。3回の連載で、阪大発・新しい時代の生き方に迫ります。

 

#2【はなお×佐久間洋司】テクノロジーで変わる人間の感情。大人気YouTuberと若きAI研究者対談

#3【はなお×佐久間洋司】内向き志向な阪大生は変われるのか。大人気YouTuberと若きAI研究者対談

 

 

プロフィール

はなお

hanao

大阪大学基礎工学部電子物理科学科卒。YouTuber(はなお:https://www.youtube.com/channel/UCPyNsNSTUtywkekbDdCA_8Q/featured  株式会社ほえい:https://www.youtube.com/channel/UCYeEDmOpvEtnKM6KSSqC4UA/featured)。

積分サークル代表。在学時はウィンドサーフィン部所属。3回生の冬からYouTubeを開始。理系の知識を生かした動画を配信し、現在の登録者は100万人超。

 

佐久間洋司

profile_hiroshisakuma (1)

人工知能研究会 / AIR 代表、人工知能学会 学生編集委員長、世界経済フォーラム Global Shapersほか。阪大総長賞 特別賞なども受賞。孫正義育英財団 第2期生。QREATOR PROFILE「機械は人を優しくできるか?人類のハーモニーを目指す若き研究者」  http://hiroshi-skm.com/

多数のメディアにも取り上げられている。

スクリーンショット 2019-02-13 10.34.38「AIで争いのない世界をつくる」ある大学生の壮大な試み(現代ビジネス, 2019.01.23)

 

積分サークルができるまで

左:佐久間洋司さん、右:はなおさん

左:佐久間洋司さん、右:はなおさん

 

ーー今回はよろしくお願いします。まず、YouTuberとしての考え方や発想方法について、佐久間さんが聞きたいとのことです。

はなお(以下、は) なるほど。それは企業秘密やなあ(笑)

佐久間(以下、佐) はなおさんは真面目な話でも大丈夫ですか?

 もちろん!俺は元はといえば真面目やから。

 はなおさんが部活の同期のみなさんと撮っていた頃の動画も好きで見ています。誰かと一緒に動画を作っていく中で、そこから積分サークルを立ち上げられて……。積サーってチームとして確立しているじゃないですか。作ろうと思ったきっかけとか、そこまで持ってくるまでのお話が伺えたら嬉しいです。

 俺からすればまだまだ確立してないけどね(笑)

積サーを作った事の発端は、2016年に作った「積分サークル入部テスト」っていう単発の企画から。

 

はなおチャンネルより「積分サークルの入部テストがヤバい。」

 

YouTuberはじめたのが大学3回生の冬なんやけど、積サーは大学2回生の頃ウィンドサーフィン部でビラ配りするとき段々飽きてきて「微分サークルでーす!」「空気抵抗サークルでーす!」とか適当に言ってて、それおもろいなってなってTwitterのアカウントだけ作ってた。

「積分の受注も行なっています!興味があれば基礎工棟まで!」とか言ってたなあ。

そこからなんで実際作ったかっていうと、たまに企画上何人か必要な場合のみ、サポート軍団を作ろうっていうのが発端だった。そして2017年に積サーの新歓をやりました。

ただ、作ったはいいものの、集まったのは視聴者で動機がミーハーというか、俺に会いたいっていうのが多かった。だから初めは盛り上がったけれど、時が経つにつれて組織が風化していった。20人くらいいたのに減っていって、そこは想定内でもあったんやけど、申し訳なさもあったね。

 

内定辞退、YouTuberの道へ

それとは別に、その年の冬12月くらいに就職先が決まっていて内定式は出たんやけど、辞退するかめっちゃ悩んでいたんよね。

 

photo5

 

働いたら中途半端に投稿するくらいになってYouTuberとして落ちぶれていくなと思ったから、それが登録者50万くらいのときで、ちょっと嫌やなと(笑)

会社は俺のしたいことができるところだった。阪大卒で、俺も真面目なうちのひとりというか、普通に何の疑いもなく会社に入るのが当たり前だと思っていた。

1月に書類提出せなあかんくて、それを書いたら終わりだと思った。1月に悩んだ挙句、最終的にしたいのがYouTube。色々考えすぎて最後は「何やかんや耐えるやろ」、その言葉にすがりついた。

でんがんさんが就職して、動画を一緒に撮れなくなる。ひとりで動画を撮っていく。会社にも属さず、上司も後輩もいない中で成長していかなあかん恐怖があった。

そのとき考えたのが、俺自身も成長していくためにチームを作るということ。

動画は誰かと一緒に撮りたいタイプで、みんなと楽しく撮るのが好きだから、作られた組織に入るのではなく、自分が作った組織で人を育てていくというのを考えた。今積サーは会社化していて、あくまで彼らは社員じゃなくて外注先になっている。

 

人工知能研究会 / AIR とは

photo10

ーー佐久間さんも自ら人工知能研究会を立ち上げたからチームについて気になるのでしょうか?

 それもあります。

ちょうど3年ほど前に、「次世代を担う学生自ら次世代の人工知能研究・応用を推進していく」ことを目指して立ち上げた会でしたが、やっていく中でチームを作ることの難しさを感じました。

また、学生だけでは責任能力がないので、顧問の先生方や関係各所と連携したり、大学基金にプロジェクトを立てさせていただいてお金周りの工夫をしたりと、活動そのものを取り巻く問題も苦労しました。はなおさんは、積分サークルを立ち上げるなかで苦労したことはありますか?

 ジェネレーションギャップだね。普通のサークルなら1、2、3回生ってあるやん。でも、それが超OBと1回生いっぱい。常に孤独やった。

 確かに、一言一言が彼らにとっても響きますよね。

 俺もそんな強く言えんタイプやけど、しつこく言わな伝わらんタイプが多かったな。でも数の多さに負けてしまった。

はじめは意識高い系集団にしたかったけど、若い子やからそもそも組織の動き方とかわからないし、やっと7月くらいに何人か編集できるようになってきて、任せられるくらいになってきたかな。

 

ーー佐久間さんは他に苦労したことはありますか?

 僕は真逆の問題があって、1年生のときに「人工知能を学び議論する研究会を学生だけでやろう」というイメージで会を立ち上げたのですが、僕が代表を務めるなか、あとのメンバーは修士や博士の方でした。

僕が年下ではあるものの敬語で話してくださったりとか、お互い気を遣う雰囲気は長く続いていました。

色々と難しいことはありましたが、各分野の先生方を招いて開催する講演会、大学院生が学部生に実践的な講義を行うチュートリアルなどを続けることができて、今では二千名近くの方に参加していただいています。

ただ、お互いに気を遣っていると深い議論にはなりにくいので、方針などかなりの部分を僕が決めて進めさせてもらう形になってしまいました。その点、積サーはチームらしく機能しているんでしょうか?

photo7

 彼らが自主的に動ける目的やここにいる意味を自分で見つけてほしかったから、積分サークルチャンネルを作ってもらうことにして、5月から全て自分たちで決めてもらうことにしたね。(積分サークルチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UC82NEkDVsBe6nAPTgR8yy7w

俺がやりたいって言ってはじめたし、YouTubeに対する情熱の量が違うのもあって、サイクルがうまく回っていないのは仕方ない部分はある。

あと、積分サークルを作って俺の動画に出演してもらうのはいいんやけど、今度は視聴者がそれを求めていない問題が出てきた。

俺の感性では動画は面白ければ良くて、テレビを作る感覚でプロデューサーとして面白いものを作れればいいと思っていたんやけど、視聴者は俺が主役であったり、俺とでんがんの絡みを求めていた。

これはまずいと、一旦キャラが立ってた数人だけをメインチャンネルレギュラーにして、それで別に積分サークルチャンネルを運営してもらうことにした。

ただ、でんがんさんは春頃は静岡にいたんやけど、7月あたりに奇跡的に梅田に転勤になったから「これ撮れるやん!」ってなった(笑)

週末来てもらって7本撮るようなハードな生活してるけど、今はハッピーやね。

 

ーーでんがんさん、もしYouTubeをやっていなかったら阪大に普通にいそうなタイプではありますよね。

 いや、あのトーク力は他におらんで!でんがんさんはやっぱりすごい。

 

(※でんがんさんは2019年1月の動画で退職を公表。はなおチャンネルより「【ご報告】会社を辞めました。これからは二人でやっていきます。」

日常でんがん:https://www.youtube.com/channel/UCxIPzBJ59q3Bv9pNmCYIC_g

 

 もしかしたら時間が解決するというか、今の積サーの動画を見て入ってきた子たちは、自分から動画撮りたいって世代になるかもしれませんね。

 それはそうかもしれんね。積分サークルに入りたいって子は、今の受験生でもいるんちゃうかな。

 

 

 

次回へ続く。

 

(取材・蒲生由紀子)

関連アイコン関連する記事

C63E66BA-8AF2-4992-9698-ECA2DBCA154D
図1
S__20594738
エンカレ アイキャッチ